新しい歯がよみがえったような喜びをあじわうことのできる インプラント。私たちは、 高い技術でインプラントを提供し、自然な仕上りと自分の歯と遜色のない機能性で、患者様の豊かな生活をサポートします。

自分の歯と同じようにしっかり噛んで食事ができる。
自分の歯と見分けがつかないくらい自然な仕上がり。
インプラントを使えば、これまでの入れ歯や義歯のような違和感に別れを告げることができます。当院のインプラント治療で、周囲の目を気にすることなく笑い、食事もおいしく味わえる豊かな人生を楽しみましょう。

こんな方は当院にご相談を

インプラントはこんな方におすすめします。

  • 虫歯や歯周病で歯を失ってしまった
  • 入れ歯に不便を感じている
  • ブリッジに不便を感じている
  • 自分の歯と同じようにしっかり噛める義歯がほしい
  • 周囲に気づかれにくい、見た目mの自然な義歯を入れたい
  • 残った自分の歯を大切にしたい
  • 「骨が薄い」と他病院からインプラントを拒否された経験がある

インプラントとは

インプラントとは、歯根がなくなってしまった部分の骨にネジのような形をした人工の根を埋める治療法です。
埋め込まれる人工歯根(インプラント体)はチタン製で、そこに義歯を装着します。従来の入れ歯やブリッジとは違って、外見からは義歯だとはわかりにくく、他の歯との一体感も感じられる優れた治療法として普及しています。

チタンは、骨と結合するため、埋め込まれた人工歯根は自分の歯と同じようにしっかり噛むことができるようになります。また、義歯の部分は色や形も加工できるので、自分の歯と見分けがつかないような自然な見た目に仕上げることができます。

入れ歯などに比べて寿命も長く、しっかりとメンテナンスをしていれば、10年後も90%以上のインプラントが機能しているとのデータもあります。

入れ歯やブリッジとの違いは

ブリッジや入れ歯では、自分の歯のような噛みやすさや噛み応えを再現することはできません。しかし、インプラントの場合は人工の歯根が骨と結合して、しっかりと固定されるので本来の歯に近い機能を回復できます。

入れ歯

(噛む力:本来の歯の約10%)
バネを歯に掛けるため、健康な歯に余計な負担がかかりますし、見た目もよくありません。汚れが溜まりやすいので、虫歯や歯周病の原因にもなります。

ブリッジ

(噛む力:本来の歯の50~60%)
被せ物を装着する際、健康な両隣の歯まで削らなくてはありません。ブリッジをした歯にかかる力が、大きくなってしまうので、健康な歯を将来的に弱らせてしまう可能性があります。

インプラント

(噛む力:本来の歯の90~100%)
健康な他の歯に影響を与えることはありません。しっかり固定されているので、噛み心地にも満足できるでしょう。

当院のインプラント技術

顎の骨が少なくても可能な場合も

インプラント治療には、歯科医の技術や経験による差がでます。治療を受ける際は経験が豊富で設備の整ったクリニックを選びましょう。当院は、他のクリニックで断られてしまった方の相談にも応じています。

インプラントを埋め込む際、重要になるのは顎の骨の厚みです。顎の骨が薄いとインプラントを固定できない可能性があるため、受けたくても断られてしまうことがあります。

しかし、当院なら顎の骨の厚さを補ったうえでのインプラント治療を行っていますし、骨が薄くてもインプラントを埋め込める技術もあります。

他のクリニックで断られた方でも治療が可能なケースがありますので、あきらめずにご相談ください。

人工歯を固定させるインプラント

ネジのような形をしたインプラントを埋めこみ、そこに人工の歯を接着して固定させます。


補助的なインプラント

インプラントを使って入れ歯やブリッジを固定し、安定させる方法もあります。
当院では、歯や歯茎、骨、顎などの状態を精密に検査し、それぞれの患者様に合ったベストな治療方法を提案します。


成功率の高いインプラント

インプラントは、歯科医師免許を取得したドクターであれば誰でもできる治療ですが、歯科医師の経験や知識、診断力、技術力には大きな差があり、成功率にも影響します。

当院は、インプラントを専門とする歯科医師が在籍しています。豊富な経験と知識を持った歯科医師が行うインプラント手術の成功率(10年後の生存率)は98%。精度の高いインプラント治療を提供しています。

高い成功率の理由は、歯科医師の技術力はもとより、CTを使った正確な検査や安心できるインプラントシステム、リスクをできるだけ低く抑える工夫など、よりよい治療の実現に向けたさまざまな取り組みを続けているからです。

  • 1信頼のおける素材を使用

インプラント治療の素材などを提供するメーカーはいくつもありますが、どの企業の製品を選ぶかによって成功率も左右されます。
当院ではストローマン社とノーベルバイオケア社、オステム社製のインプラントを採用しています。

スイスのストローマン社は1974年にインプラントシステムを開発しました。40年以上の実績があり、現在では70カ国以上の国々で採用されています。短い長さのインプラントが得意なメーカーです。

ノーベルバイオケア社も世界的に有名なインプラントメーカーで、ALL-on-4などで使用される比較的長いインプラントを扱っています。オステム社はアジアでのシェアがNO.1のメーカーです。


  • 2ステントを使い正確な手術

骨の状態によっては、0.1mmでもインプラントの位置がずれると失敗してしまう可能性があります。
インプラントを埋め込んだ場所の左右にそれぞれ1mmずつの幅がなければ、骨にうまく血液が供給されなくなり、骨が痩せてしまいます。骨の幅が十分ある場合は問題ありませんが、幅が狭い方への手術は難度が高まります。こうした症例では、的確にインプラントを埋入するため、ステントを使用します。

ステントはマウスピース型のガイドで、インプラントを埋め込む位置が正確を示してくれます。ステントは、CTで撮影した画像をもとに解析ソフトで綿密なシミュレーションをしながら製作します。これを用いることで、素早く正確にインプラントを埋め込むことができるようになり、手術の成功率も高まりました。


  • 3喫煙者のリスクを管理

喫煙はインプラント手術においてもリスクとなります。たばこの煙には有害物質が含まれているので、患部の傷口の治りを妨げます。特に骨造成をした場合は、感染症を引き起こすリスクとなります。
こうしたリスクを避けるために、喫煙者には事前に禁煙外来の受診をすすめています。禁煙が難しいという方に対しては、感染のリスクを避けるために2回に分けて手術を行います。


  • 4CTを使った緻密な診断

インプラント治療では、骨の状態などについて正確な診断が求められます。中でもCTによる診断は重要で、インプラントの成功には欠かせません。CTにもさまざまな機種があり、それぞれ特徴があります。当院では最高ランクのCTを導入し、正確な診断に努めています。


  • 5骨の少ない人にも対応

インプラントは骨に埋め込んで固定する治療法ですから、骨の量が不足していると治療が難しくなります。このため、骨の量が少ない方には、骨造成などの大掛かりな準備が必要になります。
サイナスリフトといった骨造成は技術的にも難しく、安全に行うにはCTによる診断が欠かせません。当院ではCTによる精密な診断が可能ですので、骨造成を必要とする方の手術にも十分対応できます。


骨造成とは

インプラントを安全に埋め込むには、顎の骨の量や硬さ、厚みが重要です。どうしても骨の状態が悪い場合は、手術を見送る判断も必要です。
しかし、サイナスリフトやGBR手術といった骨造成手術で、骨の状態を安定させる技術も確立してきました。当院ではそうした技術も導入し、インプラント手術が難しいとされてきた症例にも対応しています。

インプラントへのこだわりと誇り

インプラントへのこだわりと誇り

当院では精度の高いインプラント治療を患者様に提供し続けるため、年間40日以上の海外研修、新たな機器を取り入れるための投資、世界標準の素材の選別などの努力を怠りません。こうした取り組みは全ては患者様のお悩みに最高の治療でお応えするためです。

  • 1綿密な計画で安全性を追求

インプラント手術が普及するにつれ、残念ながらインプラント手術による医療事故も数多く報告されるようになりました。こうした事故の多くは、CTを導入していないなど、必要な設備が整っていないクリニックで起きています。

当院では安全にインプラント治療を行うため、先進レベルの歯科用CTやシミュレーションソフトを導入しています。多くの機器の中から選び抜いた信頼できる機器を用い、的確な診断を行うことで、インプラント治療のリスクを大幅に抑えます。特にCTで骨の状態や血管や神経が通っている個所を事前に把握することは重要です。

そのうえで、しっかり手術のシュミレーションを行い、綿密な医療計画のもとで手術に臨んでいます。


  • 2不安やストレスを軽減

手術には不安やストレスがつきものです。当院では、患者様の不安やストレスを軽減することで、安心してインプラント手術を受けていただけるよう努めています。

そのために麻酔にも工夫を凝らし、麻酔専門医による静脈内鎮静法も導入しています。静脈内鎮静法は、腕の静脈から点滴で鎮静剤を注入することで、半分眠ったような状態にします。

意識はあるのですが、麻酔によって不安や緊張が抑えられ、痛みも感じにくくなります。患者様は「眠っている間に治療が終わった」という感覚になります。


  • 3選び抜いた機器で精度の高い治療

インプラントの埋め込みには、顎の骨を削ったり切ったりする必要があります。通常は歯科用ドリルが使われますが、当院では超音波機器を使用します。超音波を使うと、顎の骨へのダメージを大幅に軽減でき、治療箇所以外への影響も抑えることができます。


  • 4スタッフの卓越した技術力

当院には、院長や専門の歯科医らインプラント治療について卓越した技術力を持つスタッフが在籍しています。当院の院長は、若い頃から数多くの診療経験を積み、国内でもトップレベルのトレーニングコースで多くの技術や知識を学んでまいりました。さらにハイレベルな医療の提供を目指し、大学病院とも連携を取りながら難しい症例にも対応してきました。こうした院長やスタッフのたゆまぬ努力によって、高い技術を習得してきました。
インプラント治療の成否は、歯科医師の技術力や設備の質の高さに左右されます。ぜひ、高い技術力を持つクリニックを選んでください。


  • 5万全のアフターケア

インプラントを埋め込み、義歯を装着しても、治療は終わりではありません。その後も、適切なメンテナンスを続けることで、インプラントを長く使い続け、よりよい口内環境を保つことができます。
メンテナンスを怠ってしまうと、インプラントの周囲にトラブルが生じ、他の健康な歯の虫歯や歯周病の原因になってしまうほか、インプラントそのものの寿命も短くなってしまいます。
当院では、患者様にメンテナンスの重要性をお伝えし、万全のアフターケアの態勢をとっています。


  • 6トラブルにも誠実に対応

インプラント治療も万能ではありません。メンテナンスをしっかりと行わないと、インプラントの周囲に炎症がおきたり、義歯が外れたり、破折したりといったトラブルが起きてしまいます。最近は、昔、入れたインプラントが原因で、審美的な問題を引き起こす例も増えています。
インプラントに関する不安や悩み、トラブルのある方は、ぜひご相談ください。トラブルなどの原因について、詳しく検査などを行い原因を探ったうえで、解決策について一緒に考えていきましょう。


インプラントのメリットとデメリット

メリット

  • 自分の歯と同じように噛むことができ、食事での違和感もない
  • ブリッジのように、隣の健康な歯を削る必要がない
  • 見た目が自然で、周囲の目を気にせず食事や会話を楽しめる
  • 入れ歯のような、噛みにくさ、話しにくさ、痛みといった欠点がない
  • インプラントが固定されているため、他の歯に負担がかからない
  • 噛み合わせが安定し、身体全体の健康につながる

デメリット

  • 手術が必要
  • 治療期間がやや長い
  • 健康保険が適用されず、全額自己負担になる
  • メンテナンスを怠ると、歯茎などが炎症を起こしたり、被せ物が破損したりする